ファミファミ日記

子供達に幼稚園から絵日記を付けさせ、
日々の成長や思い出を残しています。


Gallery 2010: 1月new_07.gif
Gallery:2009年   11月
Gallery:2008年   2007年   2006年   2005年

関係者紹介イラストカテゴリの記事一覧

予算オーバーだけど契約成立

2009年11月13日(金)晴れ

月初めにデンデンの絵日記でちょっと触れた、
軽自動車の中古車を買いました。

もともとは中古軽自動車の相場なんてわかりませんし、
田舎の母が以前事故を起こしてから、
買い直した軽自動車が20万と聞いたから、
こちら方面なら30万くらいかなと思って、探しました。

ところがこちら方面の中古業界では、
軽自動車が普通車よりも人気が根強く、
40〜50万の中古普通車のランクなら、
軽自動車は60〜70万円が相場らしいのです。

30万台ですと、事故車やよっぽど古いクルマで、
保証期間も付けられないだそうです。
子供の送り迎えなら返って不安材料となりそうで、
使用目的は良く考えると、
無理な予算だったかな〜と思ってしまいます。

結局探し回った3軒目で、
懇切丁寧に探しながら説明をして貰いましたので、
予算がオーバーして2倍になりましたが、
60万で本日契約成立となりましたぁー!

mm091113-2 中古の軽自動車を買いました.jpg

深夜の密会

2009年10月26日(月)雨

今日はジャンボの幼稚園面接と、午後の発表があり、
記事だけアップしてから、ずっと出かける予定です。
巡回応援はまた深夜になって、日付が変わるかも知れませんが、
宜しくお願いします。それでは、

「母70歳、お友達9歳」と、
「ミナちゃんの親たち」に引き続き、
ミナちゃんの話第3回目です。

ミナちゃんはたまに実のお母さんと会っているようです。

母親はやっぱり母親で、再婚しても、
他に子供が3人いても、ミナちゃんの事は忘れられません。
今住んでいるところはミナちゃんのところから、
片道2〜3時間離れていますが、時々、
こっそりとミナちゃんに会いに来ます。

おじいちゃんとおばあちゃんに知られるとまずいから、
夜中こっそりとミナちゃんに連絡を取り、
ミナちゃんもおじいちゃんおばあちゃんが寝静まるのを、
じっと待ってから、深夜こっそり家を出て、
お母さんと涙の再会をしては、朝方に別れ、
母親は又数時間をかけて、今の家庭に帰って行きます。

mm091026-2 実の母と娘が深夜にこっそり密会.jpg

こんな状態だから、会える回数も少なく、
ミナちゃんは母のぬくもりに飢えているんですね〜
だから、デンデンのママをじっと見つめては、
小さな心の中で波打っていたと思います。

それを知ってから、デンデンママは、
涙を堪えるのが必死でした・・・

犯罪者じゃないんだから、しかも、
この二人は何も悪いことをしていません。
実の親子なのに、なんでこんなにこそこそして、
あわなければならないのでしょうか?

お母さんが家をでた当初は職がないから、
家庭裁判所でも親権を渡さないでしょうけど、
今はもう一つの家庭がネックになるのでしょうか。
或いはミナちゃんが祖父母を気遣っているのでしょうか。

世の中不自然なことは所詮不自然であり、
不自然な事はさらに不自然を生み続けます。

そういう運命のミナちゃんは周囲に気を遣い、
弱さを見せたり、涙を見せたりしないそうです。

同時に、自分とその居場所を守るために、
ご機嫌取りと、嘘に慣れてしまった部分があるそうです。

あーちゃんは、大人が後からわかるような嘘を、
せめてあーちゃんにはつかないでって、
ミナちゃんと約束をしたそうです。

デンデンママもデンデンも、
せめて一緒にいられるときだけでも、
嘘が必要としない場所を作ってあげたいと思います。

ミナちゃんの親たち

2009年10月25日(日)晴れ

ジャンボの幼稚園願書や面接準備などで遅れましたが、
今日からミナちゃんのお話を少しして行きたいと思います。

先日、子供たちを連れて実家へ帰った時に会いました、
デンデンと同年代のお友達ミナちゃんについて、
母から少し話しを聞かせてもらいました。

ミナちゃんはおじいちゃんとおばあちゃんと暮らしています。
と言う事は、そうです、父母は同じ屋根の下にはいません。

そのおじいちゃんとおばあちゃんは自分たちの事を、
お父さん、お母さんと呼ばせています。
まあ、親代わりには違いないでしょうが、そこから、
既に私には理解したくない変な感覚がありました。

ミナちゃんの実の父はそのおじいちゃんとおばあちゃんの、
実の息子であり、奥さんとはとっくに離婚しました。

離婚の理由は世間に良くある浮気ですが、
それがちょっとやそっとの不倫騒動ではなく、
何人もの女をたぶらかし、病的な色気違いとしか思えません。
こんな人こそ、アベサダに切ってもらいものです(^◇^)
(古い事件で、知っている人は少ないでしょうが。)

奥さんと子供を守らなければならない存在なのに、
毎月女との電話だけで、携帯電話代が12万円以上、
(通話放題プランと言うのは、随分最近になってからです。)
太平洋海岸沿いにある小さな田舎町に、
どんな仕事をすればそんなに賄える収入があるでしょうか。

同居しているおばあちゃんは小さなお店を持っているが、
毎月携帯代12万円を負担しきれるような店ではありません。
このアホおやじ以外は、貧困な生活を強いられていました。

それでも奥さんは多分ミナちゃんの為に思って、
数年はがんばって来たでしょうが、
ある日突然、アホおやじはどっかの女と一緒に、
町から姿を消してしまいました((+_+))

誰でも・・・忍耐には限界があると、思います。
奥さんはミナちゃんを連れて離婚を決意し、
おじいちゃんとおばあちゃんに話しました。

おじいちゃんとおばあちゃんは息子が消えて、
跡継ぎがミナちゃんしかいなくなり、
どうしてもミナちゃんだけは渡すわけにはいかないと、
双方が揉めに揉めた後、ミナちゃんの母は家を出ました。

ミナちゃんの母は普通に子供を愛する母親らしいので、
この時、どれほど辛かったか、察します(T_T)

ミナちゃんの母がそのまま居座れば良かったかな?
これもあの環境では、無理でしょう、
いつかアホおやじがぷらっと戻ってきた際には、
恐らく別の事件に発展してしまう危険性もあります。
まあ、状況からして、離婚せざるを得ませんでした。

こうして、ミナちゃんは幼児の時から、
親子がバラバラになり、
母親の愛情を失ってしまったのです。
mm091025-2 幼児期から親と離れ離れになる酷な運命.jpg

母親は一人でがんばって生活していましたが、
数年後は必然的に再婚をして、
現在新しい家庭で3人の子供に恵まれ、
それなりに幸せに暮らしているらしい、
それはそれで良かった事です。

何度かミナちゃんを引き取りに来ましたが、
おじいちゃんとおばあちゃんに追い出され、
とうとう普通に、
ミナちゃんに会うことも出来なくなりました。

ミナちゃんのおばあちゃんは膝に病気があり、
3ヵ月後には手術をしなければなりません。
お医者様の話では、車椅子生活になる可能性もあります。

おじいちゃんは肩や胸にボルトが入っていて、
あまり元気に動けないから、
普段からなにもしないそうです。

おばあちゃんの手術の期間を考えれば、
あーちゃんとお友達になれて、本当に良かったです。

しかし、おばあちゃんがもしも本当に車椅子になったら、
まだ小学生4年生のミナちゃんの生活は、
だれが面倒を見るでしょうか・・・
いやでも、自分が全部しないとだめですよね〜
もしかすると、小学生からおじいちゃんおばあちゃんの、
面倒も見なければならないし、
数年後には介護する必要性が出て来るかも知れません。

そして、アホおやじがいつかふらふら手ぶらで帰り、
ミナちゃんにとって、更に厄介な荷物が増えるかも知れません。

ミナちゃんは、そのうちに逞しくなるとは思います。
それまではうちの母が元気なうちに、
いくらでも面倒を見てあげていいと思います。

Related Posts with Thumbnails

夢で終わる?チャンスは常にある
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。